人気の理由や特徴

医師

脊柱管狭窄症とは脊柱管を構成する組織の変性により神経などの圧迫が起こり、痛みやしびれといった症状を興してしまう病気です。加齢などによって組織の変性が起こると言われています。また脊柱管狭窄症の症状としては、腰痛や腰の周りの痛み、足のしびれや痛みなどがあります。日常生活の支障をきたすようであれば治療が必要となります。治療は主に整形外科を受診して受けることになります。ところで人気がある整形外科の特徴にはどのような点があるでしょうか。一つは専門性の高さが挙げられます。特に首や腰についての専門医であれば人気が高くなります。また治療設備も最新のMRIなど的確な診断が行えるようなものが揃っている病院が人気があるようです。そしてドクターやナースなど病院スタッフの人柄も重要な要素です。

脊柱管狭窄症になると腰部の痛みや重みを感じるようになり、足の痛みやしびれも生じるようになります。このような症状が続くようであれば治療が必要になります。脊柱管狭窄症の治療は、大きく分けると手術療法と保存療法があります。よほど重症でなければ、保存療法から始めるのが一般的です。ここでは保存療法の特徴についてみていきましょう。保存療法には薬物治療、理学療法、運動療法、神経ブロックがあります。たくさんの治療法があるのが特徴ですが、どの治療法を選ぶかは患者が求める生活の質にもよるので、医師と相談して決めることが一般的です。特に薬物療法においては、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤やビタミンB12などを用いて治療が続けられます。

原因と症状を知る

病院

脊柱管狭窄症は、背骨が老化によって変形して、脊柱管が狭くなることを言います。それによってさまざまな神経障害をもたらします。典型的な症状としては、足のしびれや腰痛や腰の周辺に重さを感じることなどが挙げられます。

詳細を確認する...

症状を知っておこう

医師

脊柱管狭窄症には、腰の痛みや足のしびれなどの症状があります。しかし、椎間板ヘルニアにも同じような痛みがあります。どのようにして区別するのかは、痛みを感じる動作です。椎間板ヘルニアなら前かがみになったら痛みを発しますが、脊柱管狭窄症は痛みを感じません。

詳細を確認する...

受診して改善

病院

受診のタイミングは難しいですが、腰痛が3週間継続したときや歩くときに尿意を催す場合にはすぐに整形外科に行きましょう。問診や神経の異常を確認して、脊柱管狭窄症だと判明すれば、治療を受けます。保存療法と手術療法のいずれかになります。

詳細を確認する...