原因と症状を知る

原因

病院

脊柱管が狭まることで生じる身体トラブルを脊柱管狭窄症と言います。この身体トラブルには、腰痛やしびれなどがあります。脊柱管が狭くなると、その中にある神経や血液が圧迫されるので、このようないろいろな神経障害を引き起こすのです。高齢者に多い病気とされていますが、それにはきちんと理由があります。年を重ねるごとに背骨が徐々に変形してしまうのです。そうして、脊柱管が狭くなっていきます。したがって、老化現象のひとつといっても過言ではありません。ただし、高齢者全員の脊柱管が狭くなるわけではありません。若い頃に無理な肉体労働をしていたり、腰に負担をかけすぎた経験を持っている高齢者に限ります。もちろん、男性に限らず女性にも発症します。

症状

脊柱管狭窄症はどのような症状をもたらすのでしょうか。それは全て神経障害によるものなのですが、たとえば足のしびれが挙げられます。また、腰の周辺に重さを感じることもあります。そのため、階段を下りたり坂を下りたりするときは自力ではできない場合があります。また、普通に歩いているときにその症状が表れることもあります。急に足にしびれや痛みを感じて歩くことができなくなったりします。少し時間が経てばまた歩けるようになりますが、また再発することもあります。こうした症状は脊柱管狭窄症の典型的な症状です。脊柱管狭窄症には他にも部分的な症状というのもあります。多いのは片側の太ももだけであったり、足の裏に症状が出ることがあります。そうなると、階段を上れなくなります。